ドローン農薬散布について

ドローンの農薬散布でドローンの風圧では薬剤が下の土の部分まで届かないのではないかと言う質問が寄せられました。そこで実際に自分ちの畑にドローンで農薬を散布しているメンバーの土屋君に聞いてみました。

そして回答をもらったのが、

「今年のウチの米の出来は一等米でしたよ!農薬は実際効いてる所と効いてない所がありましたね!ドローンの風圧でダメなら手撒きは風圧ないんでもっとダメって事ですよね?まだ一年目なので何とも言えないんですが、今年は成功でしたよ!除草剤は土の方までいかないと効果無いと思いますが、病気や害虫の農薬は葉っぱにかからないと意味無いと思います。ドローンでも高度を下げて撒けば充分な風圧はあるので大丈夫だと思いますよ!」

実際に収穫までやっての結果ですので、説得力がありますよね。

ちなみに土屋君ですが!農薬散布ドローンの全国包括完了しました。これで日本全国農薬散布出来るようになりました。SJS DRONE PILOTでもバンバン営業をかけていきたいと思っています。

土屋君在住の町では

早期水稲の農薬散布

3月末に田植えして7~10日後に除草剤の農薬散布

5月末にイモチとモンガレという病気の農薬散布

6月中旬に5月末の農薬と同じ農薬の散布

7月前半にカメムシの害虫の農薬散布

こんな感じで4回するみたいです!

© SJS DRONE PILOT

〒880-0842
宮崎県宮崎市青葉町109-1
ファミリーマンション青葉Ⅱ201